激安 ドッグフード

ホームセンターなどで売られている激安ドッグフードがおすすめ出来ない理由

無添加 ドッグフード

 

ホームセンターや量販店などで売られている安いドッグフード、
値段につられてつい購入してしまいそうになりますが、
なぜそんなにも安いのか考えたことはありますか?

 

メーカーがドッグフードを作るときには、
出来るだけ安く大量に作り、長く保存が出来るように作ります

 

そのためには、原材料費を出来るだけカットしたいですよね。

 

そうなると、お肉の量を出来るだけ減らして、
違うものでかさ増しを行い、規制の対象にならないような
もちろん保存料や香料を加えて作ることになります。

 

市販のドッグフードの原材料をチェックしてみてください。

 

鶏肉やラム肉などのお肉以外に
トウモロコシ粉などの穀物が多く使用されています。

 

これは、少ない量でワンちゃんが満足感を得るためにかさ増しをしているのです。

 

満足感を得ることは大切なことではありますが、
ワンちゃんは本来肉食に近い生き物ですので、
穀物を多く取ることはワンちゃんの消化器官に多大な負担をかけてしまいます。

 

また、香料や保存料を使用していることも少なくはありませんので、
与え続けることでワンちゃんの健康を害することも無いとは言い切れません。

 

穀物はアレルギーの原因にもなると言われていますので出来るだけ与えたくありません。

 

お肉の量が少ないと、足腰や毛づやにも影響してきます。
激安の物は動物性たんぱく質であるお肉をしっかりと使用した、
高品質で安全なドッグフードにはほど遠いということです。

 

 

安かろう悪かろうという言葉の通り、
あまり激安なドッグフードはワンちゃんのためにはなりませんので、
すぐに与えるのをやめることをおすすめします。

 

 

関連ページ

無添加ドッグフードとは?
添加物がたっぷりと入っているフードは下痢になったり、発がん作用があったりする物もあります。 無添加ドッグフードはそれら添加物が一切使われていない、安心安全なドッグフードのことを言います。
シニア犬におススメのドッグフードはどんなタイプ?
私たち人間が年齢を重ねていくよりも早いスピードでワンちゃんも年齢を重ねていきます。7歳を過ぎたらシニア犬(高齢犬)と言われています。シニア犬になると、若い時と違ってフードにも気を配る必要があります。
グレインフリーってどんなドッグフード?
家族同然の愛犬には安全な無添加のドッグフードで健康を守りましょう。愛犬の健康にはグレインフリーが良いと言われていますがどんなドッグフードなのか解説します。
愛犬に危険な添加物にはどんなものがある?
できる限り安心安全なドッグフードを愛犬に与えるために覚えておきたいこと。それは多くの市販のドッグフードに含まれる添加物です。これらを使用していないドッグフードを選ぶことで、愛犬が健康でいられるようにしましょう。
ドライと生タイプ。どっちのフードがおススメ?
ドッグフードには乾燥されたドライタイプの物と、ウェットタイプと呼ばれている生タイプの物があります。 どちらか一つを購入して愛犬に与えている人も多いかと思いますが、ここではその使い分けを考えてみましょう。
通販でしか買えないドッグフードがあるのは何故?
ドッグフードといえばペットショップやホームセンターで購入される方が多いと思いますが中には通販で飲み販売されているペットフードもあります。店舗で販売した方が売り上げは伸びると考えてしまいますがその理由を解説します。
ドッグフードの切り替えで食いつきが悪い時の対処法
様々な理由でドッグフードを新しいメーカーや違う味付けの物に切り替えをしなければならないことがあります。ドッグフードの切り替えで食いつきが悪い時の対処法をまとめました。
毛ツヤが悪いワンちゃんにおススメなフードの成分
何となく愛犬の毛づやが悪いなぁと思ったら、もしかして今与えているフードの栄養素が足りないのかもしれません。毛ツヤが悪いワンちゃんにおススメなフードの成分を考えてみました。
プレミアムフードは意外とコスパが良い
最近よく耳にするプレミアムフードですが、市販品より少し割高な気がします。しかし、ワンちゃんの身体に良いとされているその栄養素に関して市販品と比べて雲泥の差があります。今回は気になるコスパについて考えました。
体臭、口臭が気になるワンちゃんの原因とおススメのフード
犬種によっては体臭のつきやすいワンちゃんもいるのも事実ですが、食べ物でも身体の匂いが付くこともあります。口臭の原因も、歯磨きが足りないだけではなくて、様々な原因が考えられます。
国産と海外の無添加ドッグフードには違いはあるの?
国産と言われると高品質で安全だという認識は、ドッグフードに関して間違った認識であることをご存じですか?ヨーロッパなどのペット先進国と比較して日本は決してペット先進国ではありませんが違いを考えてみました。