ドッグフード ドライ ウェット

ドライと生タイプ。どっちのフードがおススメ?

無添加ドッグフード 人気

 

ドッグフードには乾燥されたドライタイプの物と、
ウェットタイプと呼ばれている生タイプの物があります。

 

どちらか一つを購入して愛犬に与えている人も
多いかと思いますが、ここではその使い分けを考えてみましょう。

 

ドライタイプは水分が10%以下と少なく、ワンちゃんが
食べるとカリカリという音をたてるフードです。
一般的にこのタイプを与えている家庭が多いかと思います。

 

保存期間が長くて、生タイプと比べて比較的安価な物が多いようです。
水分が少ない為、与える時にはお水を一緒に与える方が良いです。
もしくは、お湯でふやかしてから与えることもおすすめです。

 

生タイプは水分量が多く、70〜80%くらいとなっていて、
柔らかく食べやすいドッグフードです。
缶詰やパウチで売られていることがほとんどです。

 

食欲のないワンちゃんでも食べやすい物が多いようです。
また水分を取りたがらないワンちゃんにもおすすめです。
しかしドライフードと比較すると高価な物が多いです。

 

比較すると生タイプの方がワンちゃんには食べやすいようですが、
価格や保存期間を考えるとドライタイプのフードの方が現実的です。

 

しかし流通品の中には粗悪なものもあるので、
添加物などを調べてから与えるようにしましょう。

 

食いつきの悪いワンちゃんにはドライタイプと
生タイプを混ぜて与えるのも良い方法です。

 

生タイプを与え続けているとドライフードを
食べなくなるということもあるようですので、注意した方が良いですね。
愛犬の状態を見て使い分けてみましょう。

関連ページ

無添加ドッグフードとは?
添加物がたっぷりと入っているフードは下痢になったり、発がん作用があったりする物もあります。 無添加ドッグフードはそれら添加物が一切使われていない、安心安全なドッグフードのことを言います。
愛犬に危険な添加物にはどんなものがある?
できる限り安心安全なドッグフードを愛犬に与えるために覚えておきたいこと。それは多くの市販のドッグフードに含まれる添加物です。これらを使用していないドッグフードを選ぶことで、愛犬が健康でいられるようにしましょう。