犬 口臭

体臭、口臭が気になるワンちゃんの原因とおススメのフード

無添加 ドッグフード

 

犬種によっては体臭のつきやすいワンちゃんが
いるのも事実ですが、食べ物でも身体の匂いが付くこともあります。

 

口臭の原因も、歯磨きが足りないだけではなくて、
胃腸の不調を表していることもあります。
定期的に歯のチェックは欠かさないようにしましょう。

 

もし歯に原因があって、
匂いがそこから来る場合はすぐ動物病院へ行きましょう。

 

ワンちゃんの歯は生きていくために
とても大切なので、放っておくのはいけません。

 

フードに原因がある場合は、与えているフードを変更しなければいけません。
もしかすると穀物を多く使用している物を与えていたのかもしれません。

 

穀物はアレルギーの原因になることもありますし、
消化器官にとても負担を与えます。

 

ワンちゃんに必要な栄養は、ワンちゃんの身体が
消化して吸収しやすい動物性たんぱく質です。

 

低価格のフードはかさ増しやコスト削減のために穀物を多く
使用していますので、それが原因で胃腸に負担をかけている可能性があります。

 

毛づやや体臭も同じことが言えます。

 

必要な動物性たんぱく質が不足していると
代謝が悪くなったり、毛づやが悪くなることがあります。

 

通販ではたくさんの穀物不使用のフードがあります。
さらにアレルゲンや、無添加の安全なフードもたくさんあります。

 

ワンちゃんに必要な栄養がきちんとコントロールされ
作られていることが多いので、安心して与えられます。

 

動物性たんぱく質をふんだんに使った良質なフードを与えることで、
体臭、口臭を抑えてあげて、愛犬をより健康に導いてあげましょう。

関連ページ

無添加ドッグフードとは?
添加物がたっぷりと入っているフードは下痢になったり、発がん作用があったりする物もあります。 無添加ドッグフードはそれら添加物が一切使われていない、安心安全なドッグフードのことを言います。
シニア犬におススメのドッグフードはどんなタイプ?
私たち人間が年齢を重ねていくよりも早いスピードでワンちゃんも年齢を重ねていきます。7歳を過ぎたらシニア犬(高齢犬)と言われています。シニア犬になると、若い時と違ってフードにも気を配る必要があります。
グレインフリーってどんなドッグフード?
家族同然の愛犬には安全な無添加のドッグフードで健康を守りましょう。愛犬の健康にはグレインフリーが良いと言われていますがどんなドッグフードなのか解説します。
愛犬に危険な添加物にはどんなものがある?
できる限り安心安全なドッグフードを愛犬に与えるために覚えておきたいこと。それは多くの市販のドッグフードに含まれる添加物です。これらを使用していないドッグフードを選ぶことで、愛犬が健康でいられるようにしましょう。
ドライと生タイプ。どっちのフードがおススメ?
ドッグフードには乾燥されたドライタイプの物と、ウェットタイプと呼ばれている生タイプの物があります。 どちらか一つを購入して愛犬に与えている人も多いかと思いますが、ここではその使い分けを考えてみましょう。
通販でしか買えないドッグフードがあるのは何故?
ドッグフードといえばペットショップやホームセンターで購入される方が多いと思いますが中には通販で飲み販売されているペットフードもあります。店舗で販売した方が売り上げは伸びると考えてしまいますがその理由を解説します。
ドッグフードの切り替えで食いつきが悪い時の対処法
様々な理由でドッグフードを新しいメーカーや違う味付けの物に切り替えをしなければならないことがあります。ドッグフードの切り替えで食いつきが悪い時の対処法をまとめました。
毛ツヤが悪いワンちゃんにおススメなフードの成分
何となく愛犬の毛づやが悪いなぁと思ったら、もしかして今与えているフードの栄養素が足りないのかもしれません。毛ツヤが悪いワンちゃんにおススメなフードの成分を考えてみました。
プレミアムフードは意外とコスパが良い
最近よく耳にするプレミアムフードですが、市販品より少し割高な気がします。しかし、ワンちゃんの身体に良いとされているその栄養素に関して市販品と比べて雲泥の差があります。今回は気になるコスパについて考えました。
国産と海外の無添加ドッグフードには違いはあるの?
国産と言われると高品質で安全だという認識は、ドッグフードに関して間違った認識であることをご存じですか?ヨーロッパなどのペット先進国と比較して日本は決してペット先進国ではありませんが違いを考えてみました。
ホームセンターなどで売られている激安ドッグフードがおすすめ出来ない理由
ホームセンターや量販店などで売られている安いドッグフード、値段につられてつい購入してしまいそうになりますが、なぜそんなにも安いのか考えたことはありますか?その理由を解説します