無添加 ドッグフード

無添加 ドッグフード

 

ホームセンターや量販店などで売られている安いドッグフード、
値段につられてつい購入してしまいそうになりますが、
なぜそんなにも安いのか考えたことはありますか?

 

メーカーがドッグフードを作るときには、
出来るだけ安く大量に作り、長く保存が出来るように作ります

 

そのためには、原材料費を出来るだけカットしたいですよね。

 

そうなると、お肉の量を出来るだけ減らして、
違うものでかさ増しを行い、規制の対象にならないような
もちろん保存料や香料を加えて作ることになります。

 

市販のドッグフードの原材料をチェックしてみてください。

 

鶏肉やラム肉などのお肉以外に
トウモロコシ粉などの穀物が多く使用されています。

 

これは、少ない量でワンちゃんが満足感を得るためにかさ増しをしているのです。

 

満足感を得ることは大切なことではありますが、
ワンちゃんは本来肉食に近い生き物ですので、
穀物を多く取ることはワンちゃんの消化器官に多大な負担をかけてしまいます。

 

また、香料や保存料を使用していることも少なくはありませんので、
与え続けることでワンちゃんの健康を害することも無いとは言い切れません。

 

穀物はアレルギーの原因にもなると言われていますので出来るだけ与えたくありません。

 

お肉の量が少ないと、足腰や毛づやにも影響してきます。
激安の物は動物性たんぱく質であるお肉をしっかりと使用した、
高品質で安全なドッグフードにはほど遠いということです。

 

 

安かろう悪かろうという言葉の通り、
あまり激安なドッグフードはワンちゃんのためにはなりませんので、
すぐに与えるのをやめることをおすすめします。

 

 

無添加 ドッグフード

 

国産と言われると高品質で安全だという認識は、
ドッグフードに関して間違った認識であることをご存じですか?

 

残念ながら日本は決してペット先進国ではありません。

 

日本での市販のドッグフードの基準は、
我々人間の食べ物と同じ基準をもっていません。

 

というのも、表記が必要な添加物として指定のある添加物以外は、
必ずしも明記しなければならない規定はないのです。

 

ですから、市販のドッグフード全てが
ヒューマングレードの材料を使っているというわけではありません。

 

量販店などで売られている安いフードに関しては、「無添加」という記載があっても、
それが実際に本当の意味での無添加かどうかは分からないうことです。

 

安いドッグフードにはそれなりの理由がありますので、おすすめは出来ません。

 

かといって、外国産の全てが国産の全てに
勝るのかというとそう単純な話でもありません。

 

どちらにも言えることは、原材料や品質管理をきちんと
確認してからワンちゃんに与えなければいけないということです。

 

ペット先進国のドッグフードの多くは
安全・品質管理はもちろん、原材料も人間と同じ基準です。

 

国産のメーカーの中でも、同じように原材料から管理までしっかりと行い、
ヒューマングレードでフードを作っている物もたくさんあります。

 

無添加フードの中で気にすべきはヒューマングレードなのかどうかだと思います。
人間が口にして大丈夫ということは、ワンちゃんの身体にとっても同じことがいえます。

 

国産と海外の無添加フード、
ヒューマングレードの物を選べばあまり大きな違いはないと言えます。

 

 

無添加 ドッグフード

 

犬種によっては体臭のつきやすいワンちゃんが
いるのも事実ですが、食べ物でも身体の匂いが付くこともあります。

 

口臭の原因も、歯磨きが足りないだけではなくて、
胃腸の不調を表していることもあります。
定期的に歯のチェックは欠かさないようにしましょう。

 

もし歯に原因があって、
匂いがそこから来る場合はすぐ動物病院へ行きましょう。

 

ワンちゃんの歯は生きていくために
とても大切なので、放っておくのはいけません。

 

フードに原因がある場合は、与えているフードを変更しなければいけません。
もしかすると穀物を多く使用している物を与えていたのかもしれません。

 

穀物はアレルギーの原因になることもありますし、
消化器官にとても負担を与えます。

 

ワンちゃんに必要な栄養は、ワンちゃんの身体が
消化して吸収しやすい動物性たんぱく質です。

 

低価格のフードはかさ増しやコスト削減のために穀物を多く
使用していますので、それが原因で胃腸に負担をかけている可能性があります。

 

毛づやや体臭も同じことが言えます。

 

必要な動物性たんぱく質が不足していると
代謝が悪くなったり、毛づやが悪くなることがあります。

 

通販ではたくさんの穀物不使用のフードがあります。
さらにアレルゲンや、無添加の安全なフードもたくさんあります。

 

ワンちゃんに必要な栄養がきちんとコントロールされ
作られていることが多いので、安心して与えられます。

 

動物性たんぱく質をふんだんに使った良質なフードを与えることで、
体臭、口臭を抑えてあげて、愛犬をより健康に導いてあげましょう。

無添加 ドッグフード

 

最近よく耳にするのがプレミアムフードです。
愛犬には体に良いフードを与えたい思う飼い主を
中心に人気が高まっていますが市販品よりは当然割高になっています。

 

 

しかし、ワンちゃんの身体に良いとされている
その栄養素に関しては市販品と比べて雲泥の差があります。

 

有名なプレミアムフードで、特にグレインフリーの物は、なんと言っても
小麦やトウモロコシ粉などの穀物が一切使われていません。

 

一部使用しているフードもありますが、だいたいがヒューマングレードの
野菜や果物が使用されていて、その分量もほんのわずかですし、
必要な栄養素分しか配合されていないことが多いです。

 

プレミアムフードの多くは、本来肉食動物であるワンちゃんにとって
必要な動物性のたんぱく質であるお肉がふんだんに使われているため、
ワンちゃんの消化にとても良く、毛づややウンチの状態も良くなります。

 

また人工添加物などを使用していない物も多いので、
ワンちゃんの健康にとってはとても良いのです。

 

市販のドッグフードに使用されている穀物類は、
ただ満腹感を出すためにかさまし用に入っていると言えます。

 

ワンちゃんの腸は我々人間の用に雑食仕様ではないので、
穀物を消化するのにとても時間が掛かると同時に負担が大きいです。

 

お肉をたくさん使用して作られたプレミアムフードは、
その栄養素をあますことなく吸収出来ますので、
ただ穀物類でかさましされた市販のドッグフードよりも
少ない量で済みながらワンちゃんのエネルギーになります。

 

そう考えると、同じ2kgのフードでも意外と
プレミアムフードはコスパが良く、ワンちゃんの健康体のためにもなるのです。

無添加 ドッグフード

 

何となく愛犬の毛づやが悪いなぁと思ったら、もしかして
今与えているフードの栄養素が足りないのかもしれません。

 

昨今、愛犬のために手作りご飯を与えている人も
少なくはありませんが、ワンちゃんは元々肉食寄りの生き物ですので、
いくらヒューマングレードとは言え、角切りの野菜や、小麦などの
パンやご飯、トウモロコシやお芋などの穀物など中心に与えては
ワンちゃんの消化器官に多大な負担を与えてしまいます。

 

 

もちろんビタミンや食物繊維も必要ですが、
ワンちゃんの健康を支えてるのは動物性たんぱく質(お肉)です。

 

ワンちゃんは私たち人間の3倍のたんぱく質を必要とすると言われています。

 

市販品のドッグフードは穀物メインの物が多く出回っており、
確かに安くはありますが、一番必要な動物性たんぱく質が
圧倒的に足りませんので、ワンちゃんの毛づやが悪くなってしまいます。

 

お肉はワンちゃんにとって一番吸収の良い栄養なのです。
また、動物性たんぱく質と同様に毛づやに必要な成分の代表が良質な脂質です。

 

 

必須脂肪酸と言われる脂質が不足してしまうと、皮膚病になりやすく、
毛ツヤのコンディションも悪くなってしまいます。

 

必須脂肪酸の代表的なのがオメガ3とオメガ6です。
オメガ6は普通に食材に含まれている油ですのであまり意識して取る
必要はありませんが特に気にして摂取したいのがオメガ3です。

 

両方をバランスよく摂ることで毛ツヤが良くなりますので、
フィッシュオイルやえごま油などを少し足しても良いかもしれません。

 

最近はこのフィッシュオイルベースのオメガ3を配合している
フードもありますので、成分表をチェックしてから購入するようにしましょう。

無添加 ドッグフード

 

様々な理由でドッグフードを新しいメーカーや違う味付けの
物に切り替えをした際になかなか食べてくれない場合があります

 

ワンちゃんの体調や病気が原因の場合は、病院指定の物にする
必要がありますので、何としても食べて欲しいですよね。

 

元々食欲のある犬種や、あまり好みに左右されずに
食べてくれるワンちゃんや、まだ若いワンちゃんなどは
いきなり切り替えても食べてくれることもあります。

 

しかし、シニア犬や、小型犬など元々食いつきの
良くないワンちゃんは、急にフードを切り替えてしまうと
食いつきが良くないこともあります。

 

フードを切り替える時は、食いつきが良い悪いに関わらず、
少しずつ元のフードに新しいフードを混ぜてワンちゃんの様子を見ながら
切り替えることをおすすめしたいです。

 

使用されている原材料によっては、
実は身体に合わなかった!ということも少なくはありません。

 

市販のドッグフードは穀物なども使われている物が
多いので特に特に気を付けましょう。

 

初日に食べて大丈夫でも、その後下痢などしてしまうワンちゃんも
いるようですので、長い時間をかけて切り替えるようにしましょう。

 

最初の1週間は1回の食事の量の五分の一を新しいフードに変えます。

 

1週間ごとにその量を多くして、1ヶ月過ぎて
やっと切り替えるというようなやり方で徐々に慣れさせるのが良いでしょう

 

それでも食いつきが悪く、特に疾病などで病院の指定などが
理由の場合は一度獣医師に相談してみましょう。

 

ただ食いつきが悪い場合はまた違うフードを探してみるのも良いですが、
好きなおやつや、お肉などを一緒にフードにまぜて与えるなど
工夫をしてみるのも良いと思います。

無添加 ドッグフード

 

ドッグフードといえばペットショップやホームセンターで購入される方が
多いと思いますが中には通販でのみ販売されているペットフードもあります。

 

店舗で販売した方が余程売り上げは伸びると考えてしまいますが
特に高品質なドッグフードの多くは通販であることが多いです。

 

それは流通にかかるコストを削減して、高品質なフードを
なるべくフレッシュな状態で購入者へ送ることが出来るからです。

 

量販店などに置いてあるドッグフードは、
長期間棚に並べることやストックの分を考えて、
保存料や防腐剤が配合されていることが少なくはありません。

 

また、大量生産のために原料コストを抑えるために、
トウモロコシや小麦などでかさまししたり、着色料や香料などでワンちゃんの
食いつきをよくしたりしていることもあります。

 

それらはワンちゃんの健康にとって良いものではありません。

 

それと引き替えに格安にフードを手に入れることが
出来ますが、あまりおすすめは出来ません。

 

海外製の有名なドッグフードや国産の
ハイグレードなドッグフードは基本的に通販になります。

 

上記のような保存コストや流通コストを最大限にカットしています。

 

保存料や防腐剤を使用していない為、
直接注文するという形が取られているのです。

 

その代わり、ヒューマングレードのお肉をふんだんに使用した
高たんぱく質のグレードの高いフードや、グレインフリーフード
アレルギーやワンちゃんの持つ病気に適したフードを扱っています。

 

値段も量販店などで売られているフードと比べると若干割高な
物が多いですが、その分フレッシュで、ワンちゃんの身体のことを第一に
考えた配合のフードを購入することが出来ます。

 

企業直販は休止や解約も基本的に自由なところが多いです。

 

登録しておけば好きな間隔で自宅に郵送してくれる会社が多いですから、
毎回ペットショップなどに買い出しに行く手間が省けるのもメリットですね。

 

まとめとしましては通販でしか購入できないフードというのは
ホームセンターやペットショップなどの長期保存に向かないもの、

 

プレミアムフードなど原料にコストが掛かっているものは店舗で
販売すると色々なコストを上乗せして販売価格に反映させる必要が
あるために価格を抑えるために通販のみの販売の場合が多いです。

 

 

 

無添加ドッグフード

 

私たち人間が年齢を重ねていくよりも
早いスピードでワンちゃんも年齢を重ねていきます。
7歳を過ぎたらシニア犬(高齢犬)と言われています。

 

シニア犬になると、運動能力が落ちたり、
犬種によっては足や腰に負担が出てしまうこともあります。

 

また、病気を発症してしまうこともありますし
私たち人間と同じように身体に負担が増えてきます。

 

ワンちゃんは雑食である私たち人間とは
違い肉食ですので、穀物などを使用しているフードよりも、
肉から作られたたんぱく質を多く含まれたフードを与えることが重要です。

 

トウモロコシや小麦、大豆などを使用していると
肉食のワンちゃんには消化するのに胃腸に多大な負担になります。

 

お肉を食べさせることによって、ワンちゃんは
筋肉を維持出来ますし、体力も回復出来ます。

 

ですから、シニア犬には質の高い動物性たんぱく質(お肉)
積極的に摂取した方が良いのです。

 

また、足腰が弱ってきた傾向が見られる場合は関節に
良いとされているグルコサミンやコンドロイチン配合の物を選びましょう。

 

更に老齢になり10歳を過ぎた頃になると
歯にも負担が増えてくる場合もあります。

 

ドライフードは夏場の水分不足に繋がることもありますし、
歯の弱いワンちゃんには食べづらいので、お湯でふやかしてから
与えるようにすると良いでしょう。

 

あまり食欲のないワンちゃんには食事の回数も、
1日2回ではなく少量を数回に分けるて与えます。

 

穀物などを使用したフードでカロリーを抑えることではなく、
質の良いお肉をふんだんに使ったフードを与えて、
ワンちゃんの体力を維持し健康でいられるようにフード選びも気を付けましょう。

市販 無添加ドッグフード
グレインフリーのドッグフードとは?

 

ワンちゃん用のフードを選ぶ際に記載されて目にすることが多くなった
「グレインフリー」とは、穀物を一切使用していないフードのことを指します。

 

雑食かと勘違いされている人も多いかと思いますが、
ワンちゃんはもともと肉食に近い存在です。
私たち人間とは消化器官の作り方が異なります。

 

トウモロコシや小麦、大豆などを食べた場合、お肉を食べるのと
比べて消化するのにとても長い時間がかかってしまいます。
もちろんワンちゃんにとってその分身体にも負担がかかります。

 

グレインフリーフードというのはそういった穀物が
一切使用されていないため、ワンちゃんの消化にとても良いということです。

 

野菜なども栄養源としては問題ありませんが、
与える場合はすりつぶしたりして与えないと、
実はワンちゃんの消化の負担になっていると言えますので注意しましょう。

 

ワンちゃんが本来必要とする栄養素は動物性のたんぱく質であるお肉です。

 

本来必要としない穀物を大量に摂取してしまうと、消化器官に異常が起こって
お腹をこわしてしまったり、アレルギーの原因になってしまうこともあります。

 

市販のドッグフードはコスト削減のためや、腹持ちを良くするために、
トウモロコシや小麦などを使用していることが多いです。

 

安いのは確かですが、ワンちゃんの健康を
考えるならあまり購入はおすすめ出来ません。

 

原材料を確認して、ワンちゃんの年齢や体型にあった
グレインフリーのフードを選ぶようにしましょう。

 

国産や有名な海外産のグレインフードはインターネットで確認出来ます。
この機会に試してみてはいかがでしょう。

無添加ドッグフード 人気

 

ドッグフードには乾燥されたドライタイプの物と、
ウェットタイプと呼ばれている生タイプの物があります。

 

どちらか一つを購入して愛犬に与えている人も
多いかと思いますが、ここではその使い分けを考えてみましょう。

 

ドライタイプは水分が10%以下と少なく、ワンちゃんが
食べるとカリカリという音をたてるフードです。
一般的にこのタイプを与えている家庭が多いかと思います。

 

保存期間が長くて、生タイプと比べて比較的安価な物が多いようです。
水分が少ない為、与える時にはお水を一緒に与える方が良いです。
もしくは、お湯でふやかしてから与えることもおすすめです。

 

生タイプは水分量が多く、70〜80%くらいとなっていて、
柔らかく食べやすいドッグフードです。
缶詰やパウチで売られていることがほとんどです。

 

食欲のないワンちゃんでも食べやすい物が多いようです。
また水分を取りたがらないワンちゃんにもおすすめです。
しかしドライフードと比較すると高価な物が多いです。

 

比較すると生タイプの方がワンちゃんには食べやすいようですが、
価格や保存期間を考えるとドライタイプのフードの方が現実的です。

 

しかし流通品の中には粗悪なものもあるので、
添加物などを調べてから与えるようにしましょう。

 

食いつきの悪いワンちゃんにはドライタイプと
生タイプを混ぜて与えるのも良い方法です。

 

生タイプを与え続けているとドライフードを
食べなくなるということもあるようですので、注意した方が良いですね。
愛犬の状態を見て使い分けてみましょう。

無添加ドッグフード 人気

 

できる限り安心安全なドッグフードを
愛犬に与えるために覚えておきたいこと。
それは多くの市販のドッグフードに含まれる添加物です。

 

これらを使用していないドッグフードを選ぶことで、
愛犬が健康でいられるようにしましょう。

 

ます気を付けて欲しいのが酸化防止剤です。
製品を安価にするためにはどうしても大量生産する必要があります。
そのためにには安いコストの材料を使う必要があります。

 

トウモロコシや小麦、肉副産物や4Dミート、脂肪などがそれに当たります。
これらは非常に酸化しやすく、酸化防止剤という添加物が使われています。
エトシンキ、BHA、BHT、亜硫酸ナトリウムなどが代表的です。

 

ワンちゃんの食いつきをよくするために、甘味料や
着色料が使われていることもあるようです。

 

見た目を美味しそうに見せて消費者の目に良く見えるように、
またわんちゃんの食欲を刺激するような香りを付けたりします。

 

原料が石油である赤色3号40号102号105号青色2号などは特に避けましょう。
発がん性があり、アレルギーを引き起こしたりする可能性もあります。
ソルビトールやビートパルプ、コーンシロップなども同様です。

 

膵臓や腎臓に害が及ぶことがあります。
皮膚疾患や内臓疾患にもいずれ繋がると言われています。

 

愛犬の健康を害する危険のあるフードは与えないように、
きちんと原材料を確かめるようにしましょう。

 

人工添加物を使用していないフードも多数あるので、
それを与えるのが安全策と言えます

 

もし愛犬の元気がない、病気かな?と感じたら
まずは今食べさせているフードの成分を見直してみることをお勧めします。

無添加ドッグフード 人気

 

ワンちゃんの健康のために、
ワンちゃんの身体に害のない物を選びたいですよね。
市販のドッグフードには、添加物が入っていることが多いと言われています。

 

量販店で売られているものは、品質を保つ為やワンちゃんの食いつきを
良くするため、またお肉の品質をごまかすために使われていることがあります。

 

これらはワンちゃんの健康を害します。
下痢になったり、発がん作用があったりする物もあります。

 

無添加ドッグフードはそれら添加物が
一切使われていない、安心安全なドッグフードのことを言います。

 

平成21年にペットフード安全法が施行されているので、
有害な物質は含まれていないと思われがちですが、
お肉などの原材料になる前段階で含まれてしまった添加物に関しては
表示義務はないという落とし穴があります。

 

ですので、乾燥肉になるまでの過程で添加物を使われていても
違法ではないし、普通に市販されているのです。

 

無添加ドッグフードを分かりやすく言うと、人が食べても
大丈夫なランクの食材が使われていることです。

 

生のお肉や、野菜などを使用して作られているドッグフードがたくさんあります。
市販品と比べると少々値段が高めですが、市販品を食べさせて
お腹の調子が悪くなったというワンちゃんも少なくないはずです。

 

安く粗悪品のドッグフードを与えて病院に通院するよりも、
品質の良い無添加のドッグフードを与えた方が、
ワンちゃんの健康にも良く、病院のお世話になりにくいので、
この機会に無添加のドッグフードを始めてみてはいかがでしょう。

page top